■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2017年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■

幼稚部秋の遠足
 フルーツ公園に遠足に行ってきました。天候にも恵まれ、ロードトレインに乗ったり、遊具で元気いっぱい遊んだり、果物の観察をしたりすることができました。園内にはリンゴが実っていて、子どもたちは小さな実や大きな実をよく触って、近づけてよく見て、においや色、形をじっくり観察していました。







| 学部・教科の行事 | 07:41 PM | comments (x) | trackback (x) |
中学部1年職場見学
7月4日(火)に中学部1年生が、職場見学としてJR東日本甲府駅の甲府運輸区を見学させていただきました。車掌さんの仕事について1日の流れを教えていただきました。また、実際に使う時刻表などを見せていただき、さらには訓練用のシミュレータについても体験させていただきました。特に印象に残ったのは「強制起床ベッド」です。必ず起きてしまうというベッドです。想像してみてください。

[訓練用のシミュレータ]


[強制起床ベッド]


| 学部・教科の行事 | 12:32 PM | comments (x) | trackback (x) |
小学部6年生 社会科見学
 7月4日(火)に、小学部の6年生2人が、山梨県立考古学博物館と風土記の丘研修センターへ、社会科の校外学習で行きました。社会の時間に学習した土器や竪穴住居などを触ったり、古墳にのぼったりしました。古墳は高さが10〜15mほどあり、石室のある頂上まで登るのには一苦労でしたが、「古墳ってこんなに高さがあるんだ。」と高さを実感することができました。黒曜石や勾玉、青銅鏡にも触らせてもらい、重さや形、感触などを知りました。竪穴住居では、入口は狭いけれど中に広い空間が広がっていることや、屋根が茅でできていることを知りました。また、弓を使って矢を飛ばす体験や、火起こし体験をしました。矢が飛ぶ仕組みを実感することができました。火起こしでは、もみぎりやまいぎり、ゆみぎりを体験させてもらい、昔の人の知恵に感心していました。机上の学習ではできないことを体験し、理解を深めることができました。


青銅器の形を触って確かめています。


階段を登って古墳の頂上まで行きました。


竪穴住居を触りました。


弓を使って矢を飛ばしました。


もみぎりで火起こし中です。火種を作るのは難しいことが分かりました。

| 学部・教科の行事 | 02:21 PM | comments (x) | trackback (x) |
第1期現場実習ブログ
 高等部本科普通科の5名の生徒が、それぞれ2週間にわたる第鬼現場実習を行いました。一般企業や福祉施設など10ヶ所で実施しました。実習に向けて、一人ひとり目標を立てて望みました。実習では、学校と異なる環境の中、与えられた仕事を一生懸命行うことができました。学校とはまた違った表情を見ることができました。


クッキー作りをしました。


食べ終わった食器の下膳をして、テーブルを綺麗にしました。


ニンニクを20粒ずつ数えました。


お菓子の箱おりをしました。


贈答品を入れる箱おりをしました。

| 学部・教科の行事 | 05:32 PM | comments (x) | trackback (x) |
小学部6年 図工 外部講師活用
 県立美術館で行う企画に向けて、6月20日(火)に山梨大学の武末裕子先生と山梨県立大学の先生と学生さん、県立美術館の学芸員さんが小学部6年生の、図工の授業を見に来てくれました。
2学期の図工の授業では、山梨大学の先生や学生さんに協力してもらいながら、陶芸を行う予定です。児童が焼き物のイメージを持てるように、学生さんが作った陶芸の作品を触らせていただきました。釉薬が塗ってある物とそうではない物の触った感触の違いを比べました。また、窯で焼く温度の違いによって、ガラスの溶け方がどう変わるのかについても、実験したものを触り比べました。小学部6年生は、とても興味をもって質問したり、作品に触ったりしていました。


最初に普段の授業を参観してもらいました。


学生さんが作った作品を触察しています。


陶芸について教えてもらいました。

| 学部・教科の行事 | 02:23 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑