本校の給食は自校方式で、学校専属の栄養士が立て

た献立を、調理員が毎日手料理しています。そのため、

栄養バランスが整っており、温かくておいしい給食です。

給食の時間には、全校幼児児童生徒が食堂に集まって

楽しく食事をしています。
 
 また、隣の甲府支援学校と共同の厨房で調理をして

いるため、摂食指導に欠かせない形態食を調理する

ことが可能となっています。摂食指導が必要な幼児児童

生徒は、形態食を利用することで、安全で食べやすい

形態の食事をとることができています。


★視覚障がいに対する配慮と指導

・ご飯粒が見やすいように、黒い茶碗を使用する。

・配膳時に、主食・汁物・おかず・デザート・牛乳・箸や

スプーンをお盆の同じ場所にいつも配置する。

・配膳用のお玉やトングに色つきのものを用意し、

料理が見やすいようにする。

・食材がどのような形態をしているか、触って確かめら

れるようにする(可能な際に栄養士が用意しています)。


★形態食ってなに?

 嚥下(飲み込み)や咀嚼(かむこと)が十分にできない

場合、普通食では食べにくいだけでなく、無理に食べ

ようとすることで誤嚥につながるため、危険が伴います。

そこで、摂食指導によって嚥下や咀嚼の力をつけていく

必要があります。形態食は、摂食指導のステージに合

わせた状態にした食事になっています。


①普通食・・・いわゆる通常の調理形態のもの

②初期食・・・つぶがなく、とろとろのペースト状にした

もの(ヨーグルト状)。

③中期食・・・舌で押しつぶせる程度の軟らかさにした

もの(絹ごし豆腐、ムース等)。

④後期食・・・歯ぐきでつぶせる程度の軟らかさにした

もの(煮野菜、肉団子等) 。

⑤病態食・・・普通食を基本に、カロリー制限やアレル

ゲンを除去したもの。

※病態食は対象者がいる場合に対応する。


★形態食について、また再調理の方法などについては、

甲府支援学校の給食のページにも詳しく載っています

のでご参照ください。

甲府支援学校 給食のページへリンク

テキストページトップへ戻る


 

 







、さまざまな音楽や楽器に親しみあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。手あそび、ふれあいあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。










食育・給食の紹介