図書室について

 本校の「学校図書館」について紹介します。本校は視

覚に障がいを持つ幼児児童生徒が在籍する学校であ

るため、点字図書、テープ図書、CD図書・デイジー図書

の充実を図ってきています。近年学校図書館の学校教

育での重要性が見直され、単に情報を得る場としての

役割だけでなく、幼児児童生徒同士のふれあいの場、

教師と幼児児童生徒とのふれあいの場としての役割も

担うようになってきています。そのため本校でも、学校図

書館を有意義に活用できるような研究を積んでいます。

 また、図書室内にはくつろぎコーナーを設置したり、幼

児児童生徒が自由にインターネットなども利用できるコ

ンピューターを設置するなどして図書館の活性化を図っ

ています。

 また、月に1度、13時10分から13時25分まで、みんな

が興味・関心のありそうな本がワゴン車に乗せられて

やってくる「移動図書館」を大食堂の前の廊下で実施

しています。

同じく図書委員会が幼稚部・小学部教室に出向いて

実施する、「読み聴かせ」会を学期に2回し、積極的な

読書の啓発につとめています。

 
テキストページのトップに戻る

 







、さまざまな音楽や楽器に親しみあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。手あそび、ふれあいあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。










図書室の紹介