【本校の交流及び共同学習】

 本校は、視覚障がいがある幼児児童生徒の適切な教育の場として、充実した教育に努めてきています。しかし、現状の幼児児童生徒数での教育活動においては、人とのかかわりの中で問題を解決していく力や、社会に参加していく力を育成する上で、補いきれない面があります。
 そこで、本校においては、幼児児童生徒の人間としての調和的発達を促す一助として、交流及び共同学習を位置づけるとともに、地域においては視覚障がいへの理解をより深める機会になっています。また、交流及び共同学習を通して、個に応じた「合理的配慮」を明確にし、その充実を図っていきたいと考えています。


【学校間における交流及び共同学習】

(幼稚部)
甲府西幼稚園との交流
・自由遊び・おあつまりへの参加
・盲学校見学及び体験学習会
・作品交流(学園祭への作品出品)

(小学部)
甲府市立池田小学校との交流
・教科交流(国語・音楽・道徳など)
・休み時間、給食・掃除
・盲学校見学及び体験学習会
・学校行事への参加(運動会・児童集会など)
・作品交流(学園祭への作品出品)

(中学部)
甲府市立西中学校との交流
・学校行事への参加(合唱祭)
・作品交流(学園祭への作品出品)
・学園祭見学
・合唱祭への参加

(高等部)
甲府西高等学校・甲府城西高等学校との交流
・盲学校の見学及び体験学習会
・学校行事への参加
・作品交流(学園祭への作品出品)
・盲学校見学及び体験学習会

【地域における交流及び共同学習】
・老人クラブとの交流(年3回:花植え、サウンドテーブルテニス、お菓子作りなど)
・地域清掃、地域安全点検(春と秋 年2回)
・検校祭(6月)及び「池田地区健康祭り」(3月)での治療奉仕
・盲人福祉センター見学
・作品交流(本校学園祭、池田地区文化祭)
・通年理療治療


【居住地校交流】

 居住する地域の児童生徒と共に学び、好ましい人間関係を築くこと、交流及び共同学習を通して、地域の児童生徒やその保護者、教職員の本校児童生徒への理解が深まるようにすること、生涯を通じて地域と結びついていく基盤を作ることを目的に、小学部や中学部の児童生徒本人や家庭の希望により、居住地域の学校の児童生徒と、交流活動を行っています。

テキストページトップへ戻る

 



 

 







、さまざまな音楽や楽器に親しみあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。手あそび、ふれあいあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。










本校の交流及び共同学習の紹介