1 ICT活用の状況

 本校では、平成13年度末に教職員用パソコン(ハイ

ユースパソコン)と生徒用パソコンが導入されました。

現在、教職員も生徒も、そのパソコンを積極的に使用

して、校務や学習活動に取り組んでいます。  

具体的には、小学部においては、各教科や総合的な学

習の時間においてのインターネットの利用、学習の成果

をまとめる学習に使用しています。

 中学部や高等部本科普通科においては、インターネッ

トを利用して情報の教科はもとより、各教科や総合的な

学習の時間などでコンピュータやタブレット型端末を使っ

た学習が行われています。特にタブレット型端末(特に

iPad)は視覚障害の状況を補う補助機器、補助教具とし

ての活用も積極的におこなわれています。

 保理療科や保健理療科では、就職後にむけて実践的

なコンピュータの活用(カルテの作成、表計算など)の学

習を行っています。


2 児童生徒用パソコン、タブレット型端末について

 生徒用パソコンについては生徒用パソコンはパソコン

室に10台が配置されています。 これらは音声によるス

クリーンリーダーを入れてあり、視覚に障害があり画面

が見えない(見えにくい)児童生徒が使用できる環境に

してあります。
 
 印刷環境としては、ページプリンター、点字プリンター、

カラープリンターも配置されています。 また、生徒の視

力や視覚障害の程度によってパソコンが利用できるよ

う、画面の背景の色を変えたり、画面の拡大表示をする

ソフトを入れたり、またタッチパネルのディスプレイなどを

準備したりしてあります。

 生徒用パソコンも山梨県総合教育センター経由でイン

ターネットに接続されていますので、日常の学習の中で

インターネットを利用した授業にも活用されています。  

 その他、マルチメディアボード、大型モニター等も設置

されており、授業での教材の提示やテレビ会議システム

に利用しています。

  地上デジタル化にも対応した大型テレビも配置し、情

報教育に限らず、多くの教科においてパソコン室を使っ

た授業や行事が行われています。


3 タブレット型端末(iPadを使用)の活用について

 現在、9台のiPadがあり授業や行事で使用されていま

す。iPadは様々な活用をされています。教科学習におい

ては、教科書の内容をiPadに入れておきデジタル教科書

としての使用をしています。視覚の障害の状況に応じて

文字や写真を拡大したり、また、画面の色を反転したり

してそれぞれに応じた見やすさで使用します。iPadとモ

ニターを接続して、ホワイトボード代わりに使用していま

す。文字や図などを目の前で提示することができます。


4 教職員用パソコンについて

 教職員の授業支援、成績管理、勤務管理のためのパ

ソコン(ハイユースパソコン)は、寄宿舎指導員以外の教

員全員に配置されています。全てノートパソコンなので、

職員室の机の上に設置してあります。教科によっては授

業に持参し、映像や音声などのプレゼンテーションに使

用しています。

 職員室では、これらのパソコンがネットワーク化されて

おり、4台のページプリンタから自由に印刷することが

できます。 また、インターネットにも接続されていますの

で、電子メールによる送受信も行うことができます。 さら

に、教職員間でのメーリングリストも稼動していますの

で、グループ間での電子メールの送受信による連絡が

効率的に行えるようになっています。職員会議の資料を

電子メールで全員に配布し、ペーパレス化を進めていま

す。校内にはファイルサーバーを設置してあり、各分掌

や学部のデータを一括管理し、校務の効率化、情報の

保護を図っています。 


5 点字・点図の作成ついて

 点字や点図の教材を作成する部屋が用意されていま

す。コンピュータ及び各種点字プリンターが配置されて

あり、点図の作成印刷や点図の作成、印刷ができるよう

になっています。

 点図の作成には、作成ソフトEdel(藤野稔寛氏作成)を

使用しており、理科や数学を中心に各教科で作成されて

います。

 平成23年度には、全国ラジオチャリティミュージックソ

ン実行委員会寄贈の立体コピーのためのシステムが1

セット導入されました。

テキストページトップへ戻る



 

 







、さまざまな音楽や楽器に親しみあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。手あそび、ふれあいあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。










本 校 のICT活用の紹介