平成29年度中学部・高等部普通科教育概要

Ⅰ 教育計画
1 校訓
  「和顔愛護」(和やかな顔と思いやりのある優しい言葉)
2 教育目標
  本校の教育の目的
  幼児児童生徒の特性と応力に応じて、幼稚園、小学校、中学校または高等学校に準ずる教育及び職業教育を施すとともに、障がいによる学習上または生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識技能を授け、健康で安定した生活のできる人間を育成する。

(1)教育目標
 健康で心豊かな人間を育成し、自己実現・社会的自立ができる力を養う。

(2)教育方針
 自主自立の精神を培う

(3)教育目標を達成するための基本方針
 ①一人一人の幼児児童生徒の障がい及び能力・特性に応じた適切な指導を通して、個々の可能性を引き出し、最大限に伸ばす。
 ②視覚障がいに基づく学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識・技能・態度及び習慣を養い、心身の発達の基盤を培う。
 ③いきいきとした集団活動を通して、自主的・実践的な態度を育てるとともに、豊かな社会性の育成に努める。

(4)中学部の教育目標及び指導重点
 ・自ら鍛えよう
 ・自分の役割を自覚し、積極的に行動しよう
 ・思いやりや感動する心を持とう
 
 ア 障がい・能力に応じた学習指導計画を立て、基礎学力の定着を図るとともに、自主的学習態度と課題解決能力を育成する。
 イ 心身の調和的発達と日常生活及び社会的自立につながる基本的生活習慣を身につけさせる。
 ウ 校外学習、集団活動、交流及び共同学習等の実践に寄り生活経験を豊かにし、社会性を育てる。

(5)高等部の教育目標及び指導重点
 ・自立に向け、自分に必要な力を身につけよう
 ・役割と責任を自覚し、最後までやり遂げよう
 ・自分を見つめ、自己の生き方について考えよう
 ア 障がいの状況や特性・進路を見据えた学習指導計画を立て、基礎学力の定着及び心身の健康の保持増進を図る。
 イ 主体的な学習意欲の伸長を図り、生きる力を培う。
 ウ 集団活動を通して社会生活への適応力を高め、積極的に社会に参加しようとする態度を育てる。

3 中学部・教育課程(平成30年度の予定)
<準ずる教育課程>
<知的代替の教育課程

今年度の主な年間行事
4月 入学式
   地域安全点検
5月 修学旅行
7月 職場見学
9月 校外学習
   甲府市立西中学校学園祭見学
10月 六星祭
   特別支援学校スポーツ大会
   地域清掃
11月 甲府市立西中学校合唱祭参加
   走ろう歩こう記録会
1月 そり・スキー教室        
3月 卒業式
随時 学校間交流


4、高等部普通科・教育課程(平成30年度の入学生)
  個々の障がいの状況に応じてクラスを編成し、高等学校の教育課程に準じた学習内容の他に、障がいを併せ有する生徒には、知的代替の学習や自立活動を中心とした学習内容の授業を実施している。授業は個々の能力や進度に応じた授業形態を取っており、個に応じた指導を行っている。
  準ずる教育課程の生徒には、各教科指導の一層の充実を図ると共に、授業において、ipadなど情報機器の活用を通して効果的な学習活動の充実を図っている。就職・施設入所等を希望する生徒に対しては、将来を見据えた必要な力を身に付けることを目指し、進路先に応じた学習内容の充実を図っている。

<知的代替の教育課程>
  4月 入学式
   地域安全点検
  5月 高等学校総合体育大会開会式参加
     
  6月 修学旅行
第Ⅰ期現場実習
  7月 夏季休業課外授業
  9月 校外学習
 10月 六星祭
第Ⅱ期現場実習
     特別支援学校スポーツ大会
     地域清掃
 11月 高等学校芸術文化祭開会式参加
     走ろう歩こう記録会
 12月 冬季課外授業
  1月 そり・スキー教室
  3月 卒業式

中学部高等部普通科授業の様子
・職業、家庭科でクッキーを作って販売
・農園でポップコーンの実を収穫
・体育での水泳
・走ろう歩こう記録会
・校外学習(県立博物館で山梨の歴史を学ぶ)
・グランドソフトボール大会
・特別支援学校スポーツ大会
・甲府城西高校との家庭科における授業交流
・高校総体への参加
・全国障害者スポーツ大会inいわてに参加
・関東盲学校卓球大会でよい成績を収める

テキストページトップへ戻る

    













、さまざまな音楽や楽器に親しみあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。手あそび、ふれあいあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。










中学部・高等部普通科紹介