対象 ・山梨県内にお住まいの、目や見え方・見方に不

安のある方やその支援者

相談内容(例)

 ・見えにくくなってきて、車の免許の更新ができなくなっ

てしまい、移動に困っている。

 ・仕事を続けたいが、見えにくくなり、今までのやり方で

は負担が大きい。

 ・手に職をつけて職業自立したい。

 ・一人でも安全に歩ける技術を身につけたい。

 ・調理や家事などがしにくい。目にあまり頼らずに生活

する工夫を教えてほしい。

 ・趣味でiPadやパソコンを使いたい。便利なアプリや

ユーザー補助等を知りたい。


申し込み

 ・随時受け付けています。まずはお電話かメールでご

連絡ください。

 ・電話受付および相談時間は、平日午前9時から午後

5時までです。

 ・相談員と来校可能な日時を打ち合わせ、予約をして

ください。

 ・相談は、対象の方の来校を基本としています。

 ・相談時間の目安はおよそ1時間程度です。

 ・毎年、夏・冬・春に7日間程度、土日に相談会(Eye愛

ひとみ相談会)を設けています。詳しくはこちら→リンク

過去の相談の例

 ・視力が下がり、新聞が読みにくくなってきた。ルーペ

等を使って読みたい。

  →読みやすい文字の大きさを調べ、適した視覚補

助具(ルーペ類)を試すことができます。

 ・急に見えにくくなってしまい、人にぶつかったりする

ため外出が不安です。

  →ご希望の方には、歩行訓練士をご紹介します。見

えにくくても安全に歩く力を身につける練習ができます。

また、白い杖の基本的な使い方や役割、購入方法につ

いて情報提供を行います。

 ・視力が低下し、仕事が続けられなくなってきた。手に

職をつけ、見えなくてもできる職種に転職したいが、その

間の学費が心配。

  →見えにくい方の就職先の例や、職業訓練等につい

て情報提供します。視覚障害のある方の職業訓練に伴

う学費や奨学金等についての情報提供も併せて行いま

す。

 ・急に見えにくくなり、とても不安でいっぱい。自分と同

じように見えない・見えにくい人と話してみたい。

  →盲学校には、視覚障害当事者の職員がいます。

成人の方の相談にはできるだけ同席して、お悩みに寄り

添いながら相談しています。


テキストページのトップに戻る

 







、さまざまな音楽や楽器に親しみあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。手あそび、ふれあいあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。










成人の相談