対象 ・山梨県内にお住まいの児童生徒、その保護者・

支援者(担任等)

 ・目や見え方・見方に不安のあるお子さん、その保護

者・支援者(担任等)

相談内容(例)

 ・視力や視機能の教育的評価

 ・目の動きや使い方の教育的評価

 ・適した視覚補助具(単眼鏡やルーペ等)の選定

 ・拡大教科書の情報提供や、見え方に適した文字の

大きさの検査

 ・小中学校等での見やすい環境整備

 ・弱視学級での補助具の指導方法の支援

 *「目の動きがぎこちない」「目からの情報が入りにく

い」「視知覚・視覚認知」「ビジョントレーニング」につい

てはこちらのページへ→リンク


申し込み

 ・随時受け付けています。まずはお電話かメールでご

連絡ください。

 ・電話受付および相談時間は、平日午前9時から午後

5時までです。

 ・相談員と来校可能な日時を打ち合わせ、予約をして

ください。

・相談は、対象のお子さんと保護者の方の来校を基本

としています。保護者の同意のもと、学校の先生方に

同席していただいてもかまいません。

・相談時間の目安はおよそ1時間程度です。内容によ

り、視覚認知に関わる評価を行う場合は2時間程度か

かります。

・毎年、夏・冬・春に7日間程度、土日に相談会(Eye愛

ひとみ相談会)を設けています。詳しくはこちら→リンク


過去の相談の例

 ・黒板や教科書、定規の目盛りなどが小さくて見えに

くい。
  →お子さんの見え方に合わせ、見やすい定規や、

大きな文字の拡大教科書、黒板を見る道具(単眼鏡)

等をご紹介します。詳しくは下記Q&Aでご紹介してい

ます。

 ・単眼鏡・近用レンズ・拡大読書器・iPad・拡大教科

書などを使って見やすくしたい。

  →遠く(黒板)を見る単眼鏡、教科書やプリントの

文字を拡大する近用レンズ(ルーペ)や拡大読書器等

の補助具のサンプルがあります。実際に手にして試す

ことができます。iPadの便利な視覚補助アプリ等につ

いても情報提供します。詳しくは下記Q&Aでご紹介

しています。

 ・弱視児が使いやすい、見やすい文房具を知りたい。
 
 →白と黒が反転した見やすい定規等のサンプルが

あります。実際に手にして試すことができます。詳しく

は下記Q&Aでご紹介しています。

 ・弱視児への支援方法について知りたい。

  →見やすい教材の作り方、提示の工夫や、視覚補

助具の指導方法等についての情報提供を行います。

弱視教育支援の記録「ひとみ」もご参照ください。



相談後の支援

 見えにくいことで学習のしにくさがある場合には…

 ・見やすい文字の教科書や、見え方に合わせた視

覚補助具を選ぶお手伝いをします。

 ・視覚への日常的な支援が必要な場合、保護者の

同意のもと、在籍校と連携し、環境整備の支援を行

います。

 ・視覚障害教育が必要な弱視学級在籍児生や通常

学級在籍児生については、在籍校と連携し、定期的

に学校を訪問して支援を行います。また、弱視児同士、

担当者間の横の連携を深める「弱視児合同学習会」を

ご案内します。


児童生徒の相談Q&A

Q.拡大してはっきり見るための視覚補助具にはどん

なものがありますか。相談の中で、実際に試すことは

できますか。

A.本校には、単眼鏡、レンズ・ルーペ類、拡大読書器、

iPad等の視覚補助具があります。また、姿勢を保ちな

がら見るものの距離を近づける書見台などの補助具も

あります。いずれも、手にとって実際に試すことができ

ます。


Q.見えない・見えにくい子が使いやすい文房具には

どのようなものがありますか。相談の中で、実際に試す

ことはできますか。

A.白黒反転の定規、三角定規、分度器、ノート等のサ

ンプルがあります。実際に試すことができます。

白黒反転定規

反転定規には、弱視者用に開発されたものや、市販の

ものがあります。

写真上の一般の透明定規と比べると、反転定規は目

盛りや数字が読み取りやすくなっています。

細い線に定規を合わせて長さを測定するには、細かい

ものを見る力を必要とするため、ずれたり時間がかかっ

たりして、弱視児には苦手な作業になりがちです。計る

線とゼロの線、細い線同士を合わせるよりも、定規の端

がゼロになっている「ゼロスタート目盛り」で、線と定規

の端を合わせる方が測定しやすいお子さんが多いです。                       

Q.拡大教科書についての情報が欲しいです。実物を見

ることはできますか。

A.本校には、拡大教科書の文字の大きさを選ぶための

選定キットがあります。多くの教科書のサンプルが数

ページずつ入っています。また、小学校・中学校ともに、

実際に弱視のお子さんが使っていた拡大教科書を寄付

していただいたものが各教科ありますので、拡大教科書

の実物をご覧いただけます。ただ、地域や学校によって

使っている教科書が違うため、現在お使いの物と同じ

会社の拡大教科書とは限りません。

Q.弱視児が入学してくることになりました。見えにくい

ので、一番文字の大きい拡大教科書を選べばいいです

か?

A.弱視児の見え方は一人一人違います。文字の大き

さは、大きければ良いわけではありません。視力が低い

子どもは一般に小さな文字より大きな文字の方が読み

やすいですが、かといって、大きすぎると見えにくい場合

もあります。弱視児にとって見やすい文字の大きさは、

「読み効率(読み速度)」を考えて選ぶ必要があります。

また、補助具を使わずに読むか、補助具を使いながら

読むかでも、必要な文字の大きさは変わってきます。

盲学校では、最も見やすい文字の大きさを調べる検査

を受けることができますので、教科書の申請をする前

に一度ご相談ください。

Q.弱視児の入学にあたり、環境整備をしたいのです

が、相談に乗ってもらえますか。

A.弱視児の在籍(予定)校の先生方や、就学予定地域

の教育委員会と連携しながら、本人の見え方に合わせ

た環境整備について一緒に考え、提案や助言を行いま

す。弱視児は見え方が一人一人違うので、見え方に合

わせた配慮も少しずつ異なります。文字の大きさ、教室

の明るさ、必要な補助具とその倍率、席の位置など、弱

視児の見え方に合わせて調整するお手伝いをします。

弱視教育支援の記録「ひとみ」もご参照ください。状況

により、訪問しての支援も可能です。学校の先生方、

教育委員会のご担当者、その他関係の方々も、お気軽

にお問い合わせください。


Q.今、担任している児童が拡大教科書を使っています。

次年度も同じ文字の大きさの拡大教科書でいいですか?

A.同じお子さんでも見え方が変化する場合もあります。

1年に一度は視力や視機能を正確に把握し、現在の視

覚状況に基づいた文字の大きさを選択されることが望

ましいです。読みの速度や補助具の使い方によっても、

子どもの「読み効率」は変化します。申請の前に、最も

見やすい文字の大きさを調べる検査(MNREAD検査)

を受けていただくと良いと思います。

Q.子どもがまぶしさを感じやすく、黒い紙に白い文字

(白黒反転)の方が読みやすいと言っています。このよ

うな配色の教科書はありますか?

Q.子どもの視力が低く、一番文字の大きい拡大教科

書でも見えにくいと言っています。もっと大きい文字の

拡大教科書はありませんか?

A.教科書会社の出版している拡大教科書には、白黒

反転はありません。また、文字の大きさも数種類の中

からぶことになります。「白黒反転教科書」や「より大き

な文字の教科書」へのニーズがある場合は、拡大教科

書作成ボランティアに依頼して、個人の見え方に合わ

せたオンデマンドの拡大教科書を作ってもらうことが

できます。教科書の内容自体は通常のものと全く同じ

で、文字の体裁について、個別に配慮されたものにな

ります。出版されている教科書・拡大教科書では見え

にくく学習しにくい場合に依頼することになります。ま

ずは視機能評価や適した文字の大きさを調べる検査

を行い、在籍校や教育委員会と連携したうえで、山梨

県の拡大教科書作成ボランティアをご紹介します。


テキストページのトップに戻る

 







、さまざまな音楽や楽器に親しみあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。手あそび、ふれあいあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。










児童生徒の相談