あいあい教室(継続教育相談)

対象 ・山梨県内にお住まいの見えにくいお子さん(0~

6歳)(他の幼稚園・保育園、通園施設等に通っていても

通うことができます)

・本校での相談の結果、視力が低かったり、補助具を使

う練習をした方が今後の学習がうまくいきそうだったりす

る方

内容 ・月に1回、または週に1回など、定期的にあいあ

い教室に通い、個別指導を受けることができます。

・指導時間は、1回45分から1時間が目安です。

(3歳以上の年齢で、週1回1時間以上の指導をご希望

の方は、本校幼稚部の活用もご検討ください→幼稚部

リンク)


・年齢や実態に応じて、個別のプログラムによる指導

(あそびを通した指導)を行います。


あそび・指導の内容

【見えないお子さん】

手や耳からの情報をじょうずに使ったあそびの中で全体

的な発達を促します。

触ると音が出るおもちゃや楽器に触れて、触ることや聞く

ことを楽しみます。

押す、引っ張る、回す、つまむなどの、手の動きに合わ

せて楽しい音が鳴るおもちゃにかかわりながら、操作

する手や指先の力を高めます。
 
さまざまな触り心地の素材や、さわる絵本や布絵本な

どに触るのを楽しみます。
 
 触って、確かめて、考えて、操作する体験の中で、

同じ・違う、大きい・小さい、丸い・四角いなどの特徴に

気づき、手を使う力を伸ばしていきます。
 

【見えにくいお子さん】

光あそび等の視覚刺激を通して、じょうずな目の使い

方や全体的な発達を促します。

 赤ちゃんや、見えにくさがとても強いお子さんには、薄

暗くした部屋で、回ったり音や風が出たりする光るおも

ちゃで遊びます。見つけたり、じっと見つめたり、目で

追いかけたり、手でつかんだりすることで、「見て楽しい

気持ち」「見たい気持ち」を育てます。
 
 乳幼児期は「見て、触る」ことで発達していきます。見

えにくいと、「見つけて手を伸ばす」経験が少なくなりがち

です。あいあい教室では、はっきりとした色のおもちゃな

どを近くに引き寄せて、じっくり見たり触ったりします。見

やすい・触りやすい姿勢に気をつけながら、触ると光っ

たり、楽しい音が出たりする変化に気づき、「見て、触る」

ことを楽しみます。
 
 一般に、赤ちゃんは生まれてすぐは視力が低く、様々

な物を見ることが刺激になり、乳幼児期を通して視力が

育っていきます。まだぼんやりと見える段階の赤ちゃん

が初めて見る絵本(ファーストブック)は、赤ちゃんが好

む、白・黒・赤などのはっきりとした色合いで描かれ、視

力が低い幼児にも見やすいものになっています。また、

赤ちゃんが「見ること」を楽しむ視覚刺激アプリなども使

い、「見て楽しい」気持ちを高めます。
 
【小学校に向けて力をつける段階のお子さん】

 視覚補助具をじょうずに使ったり、細かい絵や文字を

見分けたりする練習を通して、学習の基礎となる「視る

力」を高めます。単眼鏡や近用レンズ・ルーペ類を通し

てはっきりとした視経験を積み重ねます。また、活動を

通して「順番に見る」「見比べる」「くまなく探すように見

る」「見ながら操作する」「奥行きをつかみながら見る」

等の学習や生活の基礎となる目の使い方も学習しま

す。
 
 あいあい教室に通うお子さんには、上記の個別指導

の他、集団での親子ふれあいあそび教室「つぼみ教室」

や、年2回開催の「親子学習会」などをご案内します。


テキストページのトップに戻る

 







、さまざまな音楽や楽器に親しみあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。手あそび、ふれあいあそび、楽器あそび、パネルシアターなど、さまざまな音楽や楽器に親しみます。










乳幼児発達支援「あいあい」教室