幼小学部の紹介


<小学部について>

 本校は、幼稚部と小学部は合同で運営しています。
幼稚部は、3歳児、4歳児、5歳児学級があります。H19年度は、6名の幼児が在籍しています。教育課程は、普通の幼稚園とほぼ同じ内容のものと自立活動とを合わせて指導しています。
 小学部は、(1)小学校に準じた内容と自立活動を合わせた教育課程と、(2)視覚障害と知的な障害を併せもつ児童のための教育課程があります。H19年度は、4名の児童が在籍しています。
 交流教育は、両学部とも、近くの幼稚園、小学校と積極的に行われています。
 幼小学部は、障害を克服し,健康で心豊かな人間を育成し,社会的自立ができる力を養うために、家庭、寄宿舎、関係機関との連携をはかりながら、ひとりひとりの実態に合わせた教科・領域・自立活動等の個別の指導計画を作成し、きめ細かい指導を行っています。


<幼小学部の実践目標・指導目標>
幼稚部実践目標

1 元気よく活動しよう
2 自分でできることは自分でしよう
3 よく見てよく聞いてよく触っていろいろなことに興味を持とう
4 のびのびと表現しよう
5 友だちとなかよく遊ぼう

小学部実践目標

1 じょうぶな体、豊かな心をもとう
2 自分でできることを増やそう
3 よく見てよく聞いてよく触って意欲的に体験や活動をしよう
4 よく考えて行動しよう4 よく考えて行動しよう
5 自分の意見を伝えよう
6 みんなで助け合おう

【自立活動】
 自立活動は、一人ひとりの実態に合わせて、
@ 全身を使ってさまざまな日常生活の活動に取り組むことにより、健康な体をつくり、活動することの楽しさを体験する。
A 保有能力を最大限に活用し、事物の認識する力を高め、それにより学習能力を高める。
B 手指の巧緻性や両手の協応性を高めながら、視覚を補う感覚を養う。
C 点字の習得を図る。
D 基本的な歩行運動に関する学習を通して、白杖歩行につながる基本的な力を高める。
 以上のねらいを達成できるように、学習を進めています。

【合同授業】
 集団の授業を確保するために、「学部行事」「学部集会」及び授業も内容によって、学部や学年の枠を外して行っています。

【交流教育】
 幼稚部も小学部も、近隣の幼稚園、小学校と交流をしています。
 幼稚園とは、一日交流や自由あそびや運動会や音楽会等の交流を行っています。
 小学校とは、運動会の他に、教科交流や児童会活動などの場面で、一人ひとりの実態に応じた交流を行っています。

そり・スキー教室>

  八ヶ岳の麓のスキー場で冬の大自然に触れ,そり・スキーを行っています。 実態に応じて、そり・スキーで傾斜 面を滑り降りることにより、冬のスポーツの楽しさを体験しています。

テキストメインページに戻る


 山梨県立盲学校  〒400-0064
   山梨県甲府市下飯田二丁目10番2号
   TEL 055(226)3361  FAX055(226)3362
   E-mail  ysvi@kai.ed.jp

Copyright(c) Yamanashi Mou 2002. All Rights Reserved