視覚に関する様々なサポートをします
 
 ◆視機能評価を行います
 視力や視野などの検査を実施し、お子さんの見え方についての情報を提供します。医療機関や学校での検査が難しいお子さんもご相談ください。                    
        
 ◆遊びをとおして見る力や様々な感覚を高めます

 「見て触って確かめて」周りの環境に積極的に関われるようにサポートをします。

      
 ◆見えない、見えにくいお子さんの子育てについて相談を行います

   
 

    お子さんの発達や見え方に合った子育てについて一緒に考えサポートをします。    
           
   ◆視覚補助具の紹介をします     
テキスト ボックス: 補助具を使っての学習場面 テキスト ボックス: 補助具を使っての学習場面

 弱視レンズ、拡大読書器、パソコンなど適切な補助具の紹介や使用方法について説明します

                            
 ◆文字を上手に読むための援助をします
テキスト ボックス: MNリード

 

   見やすい文字の大きさや適切な文字間・行間などを調べてサポートします。   
                           
 ◆教材や指導法の助言をします
   視覚に課題のあるお子さんの指導を行っている先生方に、見やすい教材の作り方や支援の仕方をサポートします。  
          
 ◆拡大教科書・拡大写本の紹介
   テキスト ボックス: 拡大写本   拡大教科書とは、見えにくい児童生徒のために文字や絵などを拡大した教科書のことです。通常の教科書の拡大コピーに近い「単純拡大教科書」、文字や絵などを読みやすくレイアウトし直した「レイアウト教科書」があります。また、教科書会社作成のものとボランティアに作成してもらう拡大写本教科書があります。拡大写本はその子の見え方に合わせて文字の大きさを細かく調整できるものです。現在、山梨県にはボランティアの団体があります。  
         
   ◆進路相談をします     
   普通校に在籍する視覚障がい児童生徒の進路選択に関わる必要な情報を提供しサポートします。  
        
   ◆日常生活や社会自立のサポートをします   
   病気や事故のために目が見えにくくなった大人の方の日常生活や将来に対する不安などの相談に応じます。また、社会自立に向けての相談にも応じます。   
 
|TOP||Eye愛ひとみ相談会||弱視とは||案内パンフレット||問い合わせ|

(C)Copyright Yamanashi Mou .2004-2014. All Right Reserved.